インスタでは旨安ワインを随時紹介!あなたのお好みワインもきっと見つかりますよ!

【10分でマスター】フランスの3大ワイン産地を知ればワインの大枠がわかる

りえパンダ

ワインをもっと知りたい!

夫パンダ

今回はワイン入門者が最初に覚えるべき、フランス3大銘醸地(シャンパーニュ、ボルドー、ブルゴーニュ)についてご紹介します。

本文で「AOC」という言葉が頻出しますので事前に解説します。

「A.O.C.(=アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)」は、日本では通称「エー・オー・シー」と呼ばれることが多く、フランスワインの品質分類である「原産地統制呼称」のことです。簡単に言うならば、土地にお墨付きを与える法律です。ワインの有名生産国では自国の銘醸地を法で保護しており、その土地の人以外に「土地の名称=ブランド」を勝手に使わせないようにすると同時に、品質を保証し生産者および消費者を保護しています。

これはワインに限った話ではありません。例えば日本でも「夕張メロン」は北海道夕張市で栽培されたものだけが名乗れるブランドであり、加えてメロンに対して重量や糖度など厳しい規定が設けられています。

目次

シャンパーニュ地方

シャンパーニュ地方の地図

シャンパンってなに?

シャンパン(シャンパーニュ)とはフランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインのことです。ただし、シャンパーニュ地方で造られればなんでもシャンパンと名乗れるかといえばそうではありません。AOCにて定められる「決められた造り方」に則って造られたものだけがシャンパンと名乗ることができます。

「決められた造り方」の一部を紹介

  • ブドウの収穫は手摘み。(機械はNG)
  • ブドウから絞ってよい果汁の量は、4000Kgのブドウから2550ℓまで。
  • 泡は瓶内で作成しないといけない。
  • 15ヵ月以上熟成させないと出荷できない。

シャンパンは赤白のブレンド?

普通のワインと異なり、シャンパンは赤ワイン用のブドウと白ワイン用のブドウをブレンドして造られるのが一般的です。比率はおおよそ赤6、白4が一般的です。

夫パンダ

赤ワイン用ブドウだけで造られたシャンパンをブラン・ド・ノワール、白ワイン用ブドウだけで造られたシャンパンをブランド・ド・ブランと特別に呼びます

シャンパンには収穫年(ヴィンテージ)がない?

ワインはよく「これは〇〇年のワインだよ」と収穫年(ヴィンテージ)が語られますが、シャンパンには基本的に収穫年(ヴィンテージ)が記載されていません。これはシャンパンは複数の異なる収穫年のブドウをブレンドして造られるからです。

シャンパーニュ地方は非常に寒い地域でブドウが上手く熟さず品質が安定しないため、特別に複数年のブドウをブレンドすることが許されています。

特に品質が良かった年に限って100%その年のブドウを使って収穫年を表示する「ヴィンテージ・シャンパン(または「ミレジメ」)」というのがあります。シャンパンのラベルに収穫年が書いてあったら、そのメーカーのシャンパンの中でも上級品にあたり、値段も高額になります。

夫パンダ

さらにヴィンテージ・シャンパンの中でもシャンパーン・メゾンが特別に造った最高級シャンパーンをプレステージ・シャンパンといいます。
ルイ・ロデレール社のクリスタル、モエ・エ・シャンドン社のドンペリニョンなどです。

りえパンダ

の、飲みたい。。

複数の村のブドウをブレンド?

複数の村のブドウをブレンドするのもシャンパンの大きな特徴です。シャンパーニュ地方には多くの村があるのですが、当然よいブドウが作れる村とそうでない村があります。そこで村には格付けがされていて、最も良い村は「グラン・クリュ」と呼ばれ17の村が選出されています(その次に良い村は「プレミエ・クリュ」と呼ばれ44の村が選出されています)。グラン・クリュのA村と同じくグラン・クリュのB村のブドウをブレンドして造ってもそのシャンパンはラベルに「グラン・クリュ」と記載することができます。グラン・クリュのA村、グラン・クリュのB村、プレミエ・クリュのC村のブドウをブレンドして造るとそのシャンパンはプレミエ・クリュになります(グラン・クリュは名乗れません)。

りえパンダ

シャンパンを選ぶときに「グラン・クリュ」「プレミエ・クリュ」の記載も確認してみよう!!

シャンパン造りは大変?

普通のワインに炭酸ガスを注入すれば泡を造ることができます。でもこれは上述した「決められた造り方」に則ってないためNGです。シャンパンを名乗るためには泡を瓶内で造る「瓶内2次発酵」という方法で泡を造る必要があります。これは読んで字のごとく瓶の中で2回目の発酵を行う方法になります。発酵とは簡単に言うと酵母菌が糖を食べてアルコールと二酸化酸素を造ることです。潰したブドウに酵母菌を入れると酵母菌がブドウの糖を食べてアルコールと二酸化炭素を出します。二酸化炭素は気体なのでどっかに飛んで行ってしまいます。残ったのがワインです。これが1回目の発酵です。この普通のワインを瓶詰し糖と酵母菌をもう一度入れて2回目の発酵を瓶内で行います。今度は瓶の中なので二酸化炭素は飛んで行けずワインに溶け込み泡になります。これで完成です。

りえパンダ

なんでこんな手間なことするの?

夫パンダ

瓶内で造られた泡はきめ細かくて繊細で優雅な仕上がりになるそうです。手間はまだまだ続くよ。

瓶内で頑張った酵母菌は死骸となって瓶の中に溜まります。この酵母菌の死骸を澱(おり)といいますが、(身体には害はないのですが)見栄えが良くないのでこれを取り除きます。まず、瓶を逆さにして澱を瓶の口に集めます(A)。そして瓶の先端だけ凍らせて凍った部分だけ取り除きます(B)。取り除いた分目減りします。この減った分を補うために糖分入りのワインを添加します(C)。

(A)ルミアージュ(動瓶)といいます。

(B)デゴルジュマン(澱抜き)といいます。

(C)ドサージュといいます。

りえパンダ

こんなに手間がかかっているからシャンパンは高いんだね。納得。

夫パンダ

シャンパーニュ地方は以上です。次はボルドー地方です。

ボルドー地方

ボルドー地方の地図

ボルドーワインの特徴

ボルドーでは伝統的にブドウ品種をブレンドしてワインが造られます。赤ワインはカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フランなどが使われ、力強く渋みのある重いワインが造られます。

白ワインはソーヴィニヨン・ブラン、セミヨンなどが使われ、力強いタイプからライトなタイプ、貴腐ワインという極甘口ワインなど様々なタイプが造られます。

ボルドー生産者の特徴

ボルドーのワインは「シャトー・◯◯」のように、頭に「シャトー」という名前が付くワインが多いです。シャトーとはフランス語でお城を意味しますが、ここではワイナリーを指しています。まさにボルドーのワイナリーはお城のように巨大で美しいただ住まいのものが多く、大企業によって運営されているのが特徴です。

有名なシャトー(ワイナリー)

ワイナリーには当然力の差がでてきます。1855年のパリ万国博覧会の際に、ナポレオン3世の要請によってボルドーのメドックという地区にあるワイナリーの格付けが実施されました。この格付けは一部の例外はありますが、約160年経った現在も、その当時の格付けがほぼそのまま採用されています。

格付けは1級から5級まであり、特に1級に格付けされた5つのシャトーを5大シャトーなどと呼ばれます。5大シャトーは以下になります。

  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • シャトー・ムートン・ロートシルト
  • シャトー・ラトゥール
  • シャトー・オー・ブリオン
夫パンダ

ボルドー地方は以上です。次はブルゴーニュ地方です。

ブルゴーニュ地方

ブルゴーニュ地方の地図

ブルゴーニュワインの特徴

赤ワインはピノノワール、白ワインはシャルドネ。この品種だけでワインを造るのがブルゴーニュの特徴です(ボルドーのようにブレンドしない)。ピノノワール、シャルドネをよりよく作れる場所をAOCと認める文化があり、地方<村<畑にAOCが認められています。ワインの名前にブルゴーニュという地方が書かれているより村の名前が書かれている方が一般的に高価なワインです。さらに村の名前より畑の名前が書かれている方が一般的に高価なワインになります。

ブルゴーニュ生産者の特徴

ボルドー地区ではシャトーと呼ばれる巨大組織がワイナリーを運営しているのに対し、ブルゴーニュではドメーヌという小さな組織が運営してるのが特徴的です。ドメーヌは家族経営のところが多く敷地や規模も小さい傾向にあります。

ロマネコンティはDRC(ドメーヌ・ロマネ・コンティ)というドメーヌが造る世界一高価なワインです。DRCは家族経営ではありませんが人数は数名の醸造所といった感じだそうです。DRCの醸造所を訪れた方は、世界一高価なロマネコンティがこんな小さな小屋みたいなところで造られているのかとびっくりするそうです。

有名なAOC

シャンベルタン

シャンベルタンはあのナポレオンが愛し、遠征の時は常備したといわれるワイン(畑名)です。村名AOCにもジュヴレ・シャンベルタンという似たような名前があります。これは行政的にはジュヴレ村なのですが、世界の人々はジュヴレ村なんて言われてもわからないので「あのナポレオンが愛したシャンベルタン畑があるジュヴレ村ですよ!」と村で一番有名な畑名を村名に付けているのです。ですので、”シャンベルタン”と”ジュヴレ・シャンベルタン”ではAOCのランクも価格も全然違うわけです。

ロマネコンティ

1本数百万円する世界一高価なワインとしてしばしば話題に上がる有名なワインです。ロマネコンティ畑はDRCというドメーヌが所有しています。所有者が1つの畑を特別にモノポールと言います。ロマネコンティ畑のようなモノポールは特殊なケースで、一般的には畑を細分化して複数のドメーヌが自分の区画でブドウを造っています(前述したシャンベルタン畑は25のドメーヌが所有しています)。

シャブリとボジョレー

ここまでブルゴーニュの中心地区を見てきましたが、もう二つだけ有名な産地がありますのでそこだけ覚えましょう。どちらも有名な産地なので聞いたことがある方も多いはずです。

1つ目はシャブリです。ボジョレー地区の北のはずれにあります。シャルドネ100%で造る白ワインが有名です。牡蛎とシャブリは有名なコンビネーションとしてしばしば愛好家の話や書籍に登場します。シャブリ地区は大昔海の底にあったらしく貝殻など鉱物やミネラルを豊富に含む土壌です。そこで育ったブドウもそういったミネラル感を多く含み牡蠣などとの相性が良いワインが造られるそうです。

2つ目はボジョレーです。ボジョレーヌーヴォーの名で聞いたことがある方も多いかと思います。ボジョレーはブルゴーニュの最南部に広がる地域です。ここまで見てきたブルゴーニュワインはどれも高級ワインですが、ボジョレーはそれらに比べると安価なワインが造られます。また、ブルゴーニュは赤はピノノワール100%で造られるのはほとんどですがボジョレー地区だけ例外で、伝統的にガメイというブドウ品種でワインが造られます。

終わりに

今回はワイン入門者最初に覚えたいフランス3大銘醸地をご紹介させていただきました。

ワインの基本はフランスです。現在、世界中の国でワインが造られていますが、ボルドータイプやブルゴーニュタイプで造られている産地が多くあります。ボルドーやブルゴーニュの特徴を知っておくことで、「ああこの産地はボルドータイプで造られているから、ブレンドして濃厚な赤ワインが造られているんだな」など、ある程度のイメージができるようになると思います。

今回は以上です。最後までありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワインを飲む量は年間350本。
IT業界勤務、ワインを学び続ける2児のパパ。
【保有資格】
・日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
・日本ソムリエ協会認定ワイン検定講師

Instagram

\無料体験会開催中!/

ワインの歯の着色、気になりませんか?

他人の歯の色が気になったことありませんか?
あなたの歯も見られてます!!

スターホワイトニング 日本で1番安く(1回2,500円)ホワイトニングが受けれるおすすめのクリニックです。

\Webで簡単予約可能!/

目次
閉じる