インスタでは旨安ワインを随時紹介!あなたのお好みワインもきっと見つかりますよ!

【外食産業希望者必見】ワインバー店長の仕事はこんな感じです

はじめまして!

ワインバーの店長として日々、しごとに従事しています。

おしごとをしていると

「お客さんと一緒にワイワイ飲みながら話しをしてけっこー気楽なしごとでしょ?」

と言われることがよくあります。

ワインが好きなかたにとってはまさしく

【好きをしごとに】

一日の大半をワインに囲まれて過ごす。

なかなか魅力的に聞こえますよね?

しかし、これについて毎回私が答えるのは

「半分正解だけど、じつはそれだけじゃないんですよ。」

とお答えしています。(ちょっと意味深な感じで 笑)

そこで今回は、

「ワインバー店長作業はじっさいこんな感じ」

についてお話していきたいと思います。

結論からお話しすると、

ワインバーの店長業務は1日のあいだで多岐にわたります。

なかでも営業中に行うことと、

それ以外の時間であるオープン前とクローズ後に作業する内容とで大きく2つにわけることができます。

また、それらを業務内容でわけるとすれば

「接客・サービス」

「お店の運営・管理」

とに区別されるでしょう。

ではそれぞれ具体的に見ていきましょう。

目次

接客・サービスのしごと

まずは営業中のおしごとであり、

バー業務の花形ともいえる

「接客・サービス」です。

多くのかたのワインバーに対するおしごとイメージはここであるといえます。

店長であるからにはワインにまつわる知識をある程度求められることは、

どこのお店であっても間違いないでしょう。

実際に来店される客層については、

まだあまりワインに馴染みのないゲストや日ごろから趣味で愛飲している知識のあるかた、あるいはプロのソムリエのかたなど幅広くいらっしゃいます。

世界中で愛され、歴史ある飲み物について

知的好奇心が旺盛なお客様も多く来店されますし、

お客様によっては

「そんなことも知らないの?」と

こちらに対してマウントを取ろうとするかたもしばしば見受けられます(苦笑)

そんな意地悪をひらりとかわしながら、

どのようなタイプのゲストが来店されても

「非日常的な空間をお帰りになるまで演出すること」は

店舗スタッフの最重要といえる業務であり、

そのために文字通り矢面に立ってるのが店長であると言えます。

接客中の会話ではワインのこと以外でも

トピックにあがることもよくありますし、

お客様のはなしを「傾聴する」ことが接客のひとつといえるので、

決してワイワイ会話をすることだけが求められるわけではないのです。

場合によってはオーダーの入った簡単なおつまみを作ったり

ワインを使ったカクテルやドリンクを作ったりすることを会話と同時進行させることもあります。

そんな時でも傾聴の姿勢は崩さず、

お客様の話しに寄り添うことが店長の役目です。

また、お店が忙しいときはその場の雰囲気を察しながら、

現場全体をコントロールすることが営業中には頻繁にあります。

管理のしごと

続いてオープン前と閉店後で行う、お店の運営管理の業務です。

じつはこれが店長としてのおしごとの大部分を占めることが多いのです。

営業中のお店が舞台とするならば舞台を演じるための裏方的な要素が多く、管理作業は非常に地味です。。

詳しく見ていきましょう。

基本的にお店の管理で重要視すべきことは

・ヒト

・モノ

・カネ

この3つであるということができます。

はじめにヒトの管理。これは具体的に

・お客様

・スタッフ

と分けることができます。

まずはお客様の管理についてですが

「顧客管理ノート」をつけているお店が多いです。

ゲストの来店日時や身体的特徴からオーダーしたもの、

好みのワインなどを記録することで次回からの来店に役立ちます。

ゲストの承認欲求を満たすため、ひいては再来店の確率を上げるために私のお店でもこの「管理ノート」を作ってスタッフ同士で共有しています。

続いて一緒に働くスタッフの管理。

ひとりで運営される以外は社員やアルバイトスタッフの

勤怠管理であったり「おもて舞台」でのスキルの向上のため教育管理をしていくことが、店長業務としてあげられます。

自分以外のスタッフがうまく接客対応してくれることでお店のファンを増やすことができるのでディレクション的な役割を担うこともよくあります。

店長として自分の大切にしている姿勢や気持ちを普段からスタッフにうまく伝えて実践してもらうことがお店を円滑に運営していくうえで大切なのです。

モノについては

グラスや食器などに傷がついたりしていないか、食材の賞味期限は大丈夫か、

お客様をお迎えする入口やトイレが汚れていないかなど

お店にあるものがキレイであるかを常にチェックしておく必要があります。

個人的には特にトイレはピカピカでないと気になってしまいます(笑)

最後にお金について。

オープン前であればレジで扱う営業準備金を用意したり

取引業者への振込み業務を行ったりもします。

営業後は一日の売上金の計算から管理をおこなうことも日々の作業のひとつです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

店長は日々の店舗運営のためにお店の顔として表舞台に前面に出ることと、

裏方にまわることとの両方を臨機応変に最前線で行っています。

すべてはお客様にお店のファンになってもらい、

再び足を運んでもらう愛されるお店作り、非日常空間の演出のための業務です。

まいにちクタクタになりながらもやりがいのある、

【好きをしごとに】する魅力的なおしごとですよ。

それでは今回はこの辺で。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

各方面で活躍されているプロや経験者の方に、
ワインの魅力を紹介していただいております。

※編集はこのサイトのオーナー
「夫パンダ」が行っております。
↓↓夫パンダのSNSや連絡先↓↓

Instagram

\無料体験会開催中!/

ワインの歯の着色、気になりませんか?

他人の歯の色が気になったことありませんか?
あなたの歯も見られてます!!

スターホワイトニング 日本で1番安く(1回2,500円)ホワイトニングが受けれるおすすめのクリニックです。

\Webで簡単予約可能!/

目次
閉じる