インスタでは旨安ワインを随時紹介!あなたのお好みワインもきっと見つかりますよ!

「ワインバー初心者がスマートに見られるには?」

「ワインバーはなんだか敷居が高そうで行きにくい」

「1人ではいったものの、何から頼んでいいかわからない」

「初めてのひとでも入店していいの?」

そんな悩みを解決できる記事をご用意しました。

ワインバー入店前に知っておきたい事前情報から、

実際に入店後の注文の仕方、会計後の退店するまでの

各シチュエーションごとに分けてご紹介していきます。

これを読むことで、

ワインバーでスタッフや他のお客さんからも

「このひとはデキそうだな」

と、一目置かれる存在になります。

事前にある程度の全体像をイメージトレーニングしておけば、

大きな不安を抱かないでワインバーの扉を開けることができるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

それではいきましょう!

目次

スマートに立ち振る舞うために知っておくべきこと

入店前

服装については要確認

初心者の人がワインバーと聞くだけで

「良い服装をしないと入店できないの?」

「敷居が高いんじゃないの?」

と勘違いしてしまう人も少なくないと思います。

確かに高級ホテルに併設されているワインバーは、

正装でないと入店拒否をされるケースもありますが、

基本的にはシンプルな服装で入れるお店がほとんどです。

しかし

短パンにサンダルというような海に行くようなスタイルだと、

入店できないお店は一般的なワインバーでもありますので、

来店前にお店に問い合わせるなどの事前調査が必要になります。

来店人数制限はあるの?

とくに制限はないですが、

あまりにも大人数だと必然的に声が大きくなる可能性があるので、

3〜4人までが適正人数です。

貸し切りの場合は何人でも大丈夫です。

事前にメニューを決めておく

ぐるなびや食べログにお店登録をしているバーが多く、

あらかじめメニューを2,3個決めておくことでスマートに注文できます。

初めて来店する店では、

なんとなく目星を付けておくといいかもしれません。

入店から注文

バーテンダーの案内で席に座ること

常連の方がカウンターに座りたい場合や事前に予約していることもあるので、

入店したらスタッフの案内に従って席につきましょう。

カウンターで飲みたければ、

その旨を伝えれば柔軟に対応してくれるはずです。

迷ったらハウスワイン

事前にオーダーするものを決めているのであれば問題ありませんが、

迷ったらお店のハウスワインから注文されることをおススメします。

なぜならハウスワインは店長やオーナーによって厳選されている場合がほとんどで、

お店の看板商品として売っていきたい銘柄である場合が多いからです。

町の寿司屋さんではタマゴから注文してそのお店の技量を見極める、

という寿司通の方の話を聞きますが

ハウスワインを飲むことで、

そのお店のこだわりや想いを感じることもできます。

あるいは

看板商品についての特徴などをお店のひとに聞いてみてもいいでしょう。

味はもちろんですが、値段や産地など考慮して

頼みやすいものからオーダーすることがスマートであるといえます。

店内での過ごし方

お酒のペース配分を考える

ワインバーは落ち着いた雰囲気のなかでお酒を飲む場所が多いです。

酔っ払って、周囲にぐいぐい絡む酒癖の悪い人はどこでも歓迎されません。

普段から自分の飲める量を把握しておき、

当日の体調の良し悪しもしっかり見定めることが必要になります。

時間をかけてゆっくりと飲むようにしましょう。

酒に飲まれるような姿はやはり、

スマートからはほど遠い印象を周囲にあたえてしまいます。

味の薄いものから濃いものを注文する

ワインもコース料理の流れと同様に、

始めに軽いものから重いものを注文するのが一般的です。

とはいえ

わたしのお店もそうですがワインバーはレストランと違って、

かしこまったコース料理がない場合が多いです。

そのため

飲む順番はお客様のお好きなようにお任せする場合がほとんどです。

ここに関してはあまり気にしなくてもよいでしょう。

飲みたいものを自信をもってオーダーしましょう。

会計から退店

「すいませーん、おあいそ~」はゲストから言わない

元来、

「おあいそ」はどちらかというと店側が使う用語です。

意味を知らずに使うお客様がわたしのお店でも時々いらっしゃいますが、

「お会計お願いします」

がシンプルで間違いないでしょう。

立つ鳥あとを濁さずの精神

会計後はなるべく速やかに店を出るようにします。

つぎの来店のために店側は席を空けておきたいものですし、

いつまでも居座るのは厚かましい行動に見られがちです。

また、

次回の来店予約を取っておくと

お店側からも常連さまとして認知されやすく関係性を構築しやすいため、

よりスマートな退店のしかたである、といえるでしょう。

まとめ

初心者のうちは準備をしていても、いざお店に入ると

誰でも多少は緊張してしまうものです。

緊張の糸がワインやお酒によってほどけてきたときに、

どのくらいスマートに立ち振る舞えるかで

そのひとの本質的な品性がうかがえるでしょう。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

それでは、また次回。

翌朝、気になりませんか?

ウコンに満足できなかった方からも好評です!

多くの著名ソムリエからも支持されているサプリです。

\初回限定540円でお試し!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

各方面で活躍されているプロや経験者の方に、
ワインの魅力を紹介していただいております。

※編集はこのサイトのオーナー
「夫パンダ」が行っております。
↓↓夫パンダのSNSや連絡先↓↓

Instagram

\無料体験会開催中!/

ワインの歯の着色、気になりませんか?

他人の歯の色が気になったことありませんか?
あなたの歯も見られてます!!

スターホワイトニング 日本で1番安く(1回2,500円)ホワイトニングが受けれるおすすめのクリニックです。

\Webで簡単予約可能!/

目次
閉じる