インスタでは旨安ワインを随時紹介!あなたのお好みワインもきっと見つかりますよ!

スペインの代表ブドウ品種とカヴァ、シェリーについてプロが解説

スペインのワインといえばジューシーな赤ワインというイメージが強いかもしれません。
しかし白ワインはもちろん、スパークリングワインのカヴァや、酒精強化ワインのシェリーも盛んに生産されています。

今回はスペインの代表的なブドウ品種とスパークリングワインのカヴァ、酒精強化ワインのシェリーについてご紹介いたします。

目次

スペインを代表するブドウ品種

テンプラニーリョ

総栽培面積23万haのうち20万haがスペインで栽培されているほど、スペインといえばテンプラニーリョといっても過言ではありません。
Tempranoテンプラノは【早熟な】という意味で、ほかのブドウに比べて成熟が早いのが特徴です。そのため、力強い味わいと舌の上でいつまでも余韻が続く濃い味わいがあります。しかしこの力強さは値段に比例しています。安価なものはさっぱりとした軽やかさになり、高価なものはずっしりと濃い味わいになります。
シチュエーションによって選ぶ価格の幅も変わってきますね。

アイレン

スペインの白ブドウ栽培の半分を占めるアイレンは、カスティーリャ・ラ・マンチャ州で栽培されています。マンチャはアラビア語で【水のない土地】を意味します。その土地は、乾燥した大平原です。
アイレンを使ったブドウの特徴は、強めの酸をもったフレッシュな味わいになります。
色は黄みがかった光沢のある色合いで、日常に飲まれるテーブルワインとしても消費されるワインなので気軽に楽しむことができます。

スパークリングワイン【カヴァ】について

Cavaカヴァはカタルーニャ語で【洞窟】という意味です。
生産量は95%がカタルーニャ州で、スペインで造られるスパークリングワインをカヴァと呼びます。製造するうえでの規定はこのように決められています。

  1. 瓶内二次発酵であること
    (白ワインに酵母とショ糖を入れて瓶詰し、炭酸ガスを生成させる)
  2. 9か月以上熟成させること
  3. 使っていいブドウの品種
    白ブドウ・・・(マカベオ・パレリャーダ・チャレッロ・シャルドネ・ピノノワール)
    黒ブドウ・・・(トレパット) ※ロゼのカヴァに使用

2.の熟成期間ですが、最低9か月という決まりで15か月以上熟成せれたカヴァには【レゼルバ】、30か月以上熟成させたカヴァには【グランレゼルバ】と表記されます。

さらに、

36か月間も熟成させた『カヴァ・デ・パラヘ・カリフィカード』という究極のカヴァも存在します。

※パラヘは【畑】
※カリフィカードは【認定された】

名前の通り、認定された特別な畑でしか収穫されないブドウを使い、なおかつ手摘みであることを条件としています。その他、辛口であること、ブドウの樹齢は最低10年以上であること、ひとつの品種しか使ってはいけない『単一ワイン』であること、など厳しい条件をクリアした生産者に限られるため、現在は9社しかないです。

カヴァは安くておいしいスパークリングワインというイメージをもっている人も多いと思いますが、『カヴァ・デ・パラヘ・カリフィカード』に関してはプレミアのイメージをつけるための取り組みで、イメージアップを図ったスパークリングワイン。シャンパンと同様に、それ以上にプレミアな商品ですね。【シャンパン=高価】というイメージと同じようにカヴァも高価で貴重なスパークリングワインがあることを知ってもらえたかと思います。
レストランでも最初の1杯をカヴァでスタートさせるのも良いですね。


カヴァ・デ・パラヘ・カリフィカード グラン・ヴィンテージ [2015] ペレ・べントゥーラ <白> <ワイン/スパークリング>

酒精強化ワイン【シェリー】について

シェリー酒はスペインで造られている【酒精強化ワイン】です。
※酒精強化ワインとは醸造過程でアルコールを添加することでアルコール度数を高めたワインのことをいいます。

シェリーは地方の名前で、ここで育つブドウは主に『バロミノ』というブドウの品種です。
バロミノはシェリー酒以外には使われない品種です。
その他『モスカテル』という品種は、甘口のシェリー酒を造るときに使われます。
『ペドロ・ヒメネス』も、甘口のシェリー酒を造るときに使われますが、干しブドウにして使うことで極めて甘いシェリー酒を造ることができます。

ストレートで白ワインのように冷やして飲むのがおいしいシェリー酒。辛口から極甘口まで幅広くあるのがシェリー酒の魅力です。辛口から極甘口まで11種類に分けられます。

辛口は5種類

フィノ・・・ナッツや青りんごのような香りの辛口
マンサニーリャ・・・カモミールのような香りで塩味を感じる辛口
アモンティリャード・・・複雑味があるシャープな辛口
オロロソ・・・やや甘く感じる辛口
パロ・コルタド・・・オロロソより辛口でアモンティリャードに似ている

甘口は4種類

ドライ・・・軽い甘口
ペイル・クリーム・・・フルーティな甘口
ミディアム・・・優しい甘口
クリーム・・・オロロソに甘みを加えたワイン

極甘口は2種類

モルカテル・・・マスカット系の極甘口
ペドロ・ヒメネス・・・干しブドウの香りがある極甘口

料理とのマリアージュはオードブルや魚介類を塩味系でさっぱりと仕上げた料理と合います。
他にもシェリー酒は炭酸で割ったり、カクテルにして飲んだりと楽しみ方がたくさんあります。あまり日本では馴染みのないシェリー酒ですが、いろいろな種類があるので一度試してみてはいかがでしょうか!

まとめ

以上、スペインの代表品種とカヴァ、シェリーを見てきました。どうでしたでしょうか?今回の記事を参考にスペインワインについても好きになっていただけたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

各方面で活躍されているプロや経験者の方に、
ワインの魅力を紹介していただいております。

※編集はこのサイトのオーナー
「夫パンダ」が行っております。
↓↓夫パンダのSNSや連絡先↓↓

Instagram

\無料体験会開催中!/

ワインの歯の着色、気になりませんか?

他人の歯の色が気になったことありませんか?
あなたの歯も見られてます!!

スターホワイトニング 日本で1番安く(1回2,500円)ホワイトニングが受けれるおすすめのクリニックです。

\Webで簡単予約可能!/

目次
閉じる