インスタでは旨安ワインを随時紹介!あなたのお好みワインもきっと見つかりますよ!

【イタリア在住ソムリエ談】イタリアワインの魅力やおすすめワイン

イタリアは世界中から観光客が訪れる観光大国。歴史、芸術、音楽、ファッション、サッカー、そしてグルメとワインといった魅力がたくさん詰まっています。数多くの名所があり、訪れたかたも多いのではないでしょうか。


1度の旅行では楽しみきれないほどの見どころがあるため、リピーターが多いのもイタリアの特徴。そして、訪れたことがない人にとっては、あこがれの地でもあるイタリア。


今回は、そんなイタリアの人気の4大観光都市と、そこで飲まれているワインをご紹介します。イタリアでは所変わると飲まれているワインもがらりと変わるため、ワインも旅の醍醐味。イタリアを旅しながら、ワインを楽しみましょう。

目次

ファッショナブルなミラノとワイン

イタリア旅行のツアーは、北から南下していくルートと南から北上していくルートに大きくわかれます。今回は、北のミラノから出発しましょう。


ミラノといえば、イタリアファッションの中心地、イタリア経済の拠点となる都市。ハイセンスな人々とビジネスマンが行き交うミラノのシンボルといえば、ゴシック様式のドゥオモ。荘厳なドゥオモとイタリアオペラの最高峰スカラ座を結ぶアーケード、ヴィットリオ・エマヌエーレ二世のガッレリアを歩けば、気分はミラネーゼ(ミラノの人)。ショッピングした後、モダンなレストランで洗練された料理を楽しみましょう。


ミラノでまず飲みたいのは、スプマンテ(スパークリングワイン)のフランチャコルタ。ミラノが州都のロンバルディア州で造られるフランチャコルタは、きめ細かな泡立ちと果実味豊かなアロマが特徴で、なめらかな口当たりです。ビジュアルも美しい映える前菜を食べながら、エレガントなスプマンテを堪能しましょう。


【送料無料】チャーミングな果実味と綺麗な酸とミネラルが調和するイタリア最高峰スパークリング「フランチャコルタ」飲み比べ3本セット (750ml×3)【北海道・沖縄・離島への配送及びその他エリアへのクール便配送は追加送料がかかります】


おしゃれなレストランで優雅にディナーをするなら、バローロまたはバルバレスコをメイン料理と合わせて、ぜひ飲みたいものです。バローロとバルバレスコは、ロンバルディア州のお隣ピエモンテ州で造られる偉大な赤ワイン。「王のワイン、ワインの王」として君臨するバローロは重厚で複雑な味わい。一方、「イタリアワインの女王」と称されるバルバレスコは、繊細で奥深い味わい。どちらも世界のワイン愛好家を魅了するワインで、贅沢なディナータイムを盛り上げてくれます。


ナターレ ヴェルガ / バローロ&バルバレスコセット / イタリアワインの王様&女王様をセット / イタリア ピエモンテ州 赤ワイン DOCG【送料無料】[1091000]

水の都ヴェネツィアとワイン

ミラノをあとにしたら、お次は水の都ヴェネツィアへ。ミラノから日帰りできる距離ですが、ワインを楽しみたいなら、ぜひ宿泊してみてください。というのは、ヴェネツィアにはバーカロ文化があるからです。バーカロとは、気軽にワインを飲みながらおつまみを食べることができるお店のことで、ヴェネツィアにはバーカロがひしめき合っています。バーカロをはしごしながら、歴史あるヴェネツィアの街を歩くのがとにかく楽しい!ヴェネツィアの中心地、サン・マルコ広場を観光したら、さっそくバーカロ巡りに繰り出しましょう。


バーカロでまず飲みたいのは、やっぱりプロセッコ。プロセッコは、ヴェネツィアが州都のヴェネト州で造られているスパークリングワイン。フルーティーな味わいのプロセッコは親しみやすい味わいで、肩肘張らずにいつでも飲むことができます。地元の人たちは朝から飲んでいるくらいです。


【送料無料】泡好きにオススメ♪フルーティーなアロマが魅力!「プロセッコ」6本セットB (750ml×6)【北海道・沖縄・離島への配送及びその他エリアへのクール便配送は追加送料がかかります】


プロセッコの次に飲みたいのは、ソアーヴェ。同じくヴェネト州が産地のソアーヴェは、イタリアを代表する白ワインのひとつです。フレッシュな味わいで、心地よい苦味が感じられます。プロセッコもソアーヴェも、カジュアルなバーカロのおつまみにぴったり。ヴェネツィアは海の都だけあって、魚介類が豊富。バーカロでは、イワシのマリネや小魚のフリットなど、プロセッコやソアーヴェと相性バツグンのおつまみがいっぱいです。ワインもおつまみもリーズナブルなので、いろいろ試してみましょう。


【6本〜送料無料】ソアーヴェ クラシコ スペリオーレ モンテ デ フィーチェ 2019 イ ステファニーニ 750ml [白]Soave Classico Superiore Monte Di Fice I Stefanini [ソアヴェ][クラッシコ]

花の都フィレンツェとワイン

ルネッサンス発祥の地フィレンツェは、観光の見どころが盛りだくさん。数日かけてゆっくり滞在したい街です。花の都と呼ばれるフィレンツェの中心であるドゥオモに圧倒され、イタリア最大の美術館であるウフィツィ美術館で名画を鑑賞したら、肉、肉、肉のグルメを楽しみましょう。フィレンツェでおいしい魚料理を食べることは難しいので、魚はヴェネツィアでたっぷり食べておき、魚が恋しくならないようにしましょう(笑)。フィレンツェでは、前菜もパスタもメイン料理も、ひたすら肉ですから。


ワインは、とにかくキャンティ。キャンティは、フィレンツェが州都のトスカーナ州で造られ、イタリアを代表する赤ワインのひとつ。世界でもっとも名が知られているイタリアワインともいわれています。その味わいといえば、酸味と果実味が特徴。フィレンツェとその南にあるシエナの周辺で造られ、産地が広いため、フルーティーなものからタンニンがしっかりしたものまで味わいはさまざまです。価格にも幅があるので、予算に合わせて選ぶのもひとつの手。フィレンツェでは、レストランのワインリストにもワインショップの棚にも、キャンティがずらりと並んでいます。いろいろなキャンティを飲んでみて、お気に入りの1本を見つけるのも楽しいです。どんなキャンティにも名物の肉料理が最高にマリアージュしますので、キャンティと肉料理をぜひ味わいましょう。


【6本〜送料無料】キャンティ クラシコ 2019 カーザ エンマ 750ml [赤]Chianti Classico Casa Emma [クラッシコ]


フィレンツェから車で30分ほどでキャンティ地方に行くことができますので、ワイナリー訪問するのもおすすめです。なだらかな丘陵地帯とどこまでも広がるブドウ畑、おいしいワインは、旅の忘れられない思い出になることでしょう。

永遠の都ローマとワイン

コロッセオやフォロ・ロマーノを筆頭に、いたるところに遺跡があるローマ。永遠の都という呼び名にふさわしい壮大な街で、もちろんイタリアの首都。カトリックの総本山バチカン市国も含め、イタリア観光には外せないローマ。歴史という言葉をつきつけられるこの地では、ゆっくりと観光をした後に、風情のあるレストランで疲れを癒したいもの。ローマの名物料理といえば、日本でも大人気のカルボナーラ。また、トマトをベースにしたアマトリチャーナのパスタもローマでよく食べられています。


では、ローマでよく飲まれているワインとは?ローマを州都とするラツィオ州は、主に白ワインの産地です。そのなかでも、親しまれている白ワインといえば、フラスカーティ。さまざまな料理に合わせることができるフードフレンドリーなワインで、カルボナーラやアマトリチャーナのパスタにもぴったり。


【6本〜送料無料】フラスカーティ スペリオーレ セッコ 2021 ポッジョ レ ヴォルピ 750ml 白ワイン Frascati Superiore Secco Poggio le Volpi [フラスカティ]


同じくローマで飲まれているのが、ユニークな名前で知られるエスト! エスト!! エスト!!! ディ・モンテフィアスコーネ。12世紀、ドイツ人司教がバチカンへの道中、従者においしいワインがある宿に「Est(「ある」の意)」と書くようにと命じ、従者がモンテフィアスコーネの町で非常においしいワインを見つけ「Est! Est!! Est!!!」と書いたという言い伝えはあまりにも有名です。さわやかな味わいの白ワインで、こちらもカルボナーラやアマトリチャーナのパスタと相性ばっちり。


【6本〜送料無料】エスト!エスト!!エスト!!! ディ モンテフィアスコーネ 2021 カンティーナ ディ モンテフィアスコーネ 750ml [白]Est!Est!Est!!! di Montefiascone Cantina di Montefiascone

まとめ

イタリア旅行の4大観光都市ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ。それぞれの都市で地元のワインをぜひ飲んでみてください。気軽に海外に行くことができなくなっている現在、旅行をあきらめざるをえないかたは、イタリアに思いを馳せながらグラスをかたむけ、グラスの先に広がる光景を想像してイタリアワインに酔いしれてください。そして願わくは、近い将来みなさんがイタリアを訪れることができますように。

【特集記事】イタリアワインの読み物

イタリアに在住し、イタリアソムリエ協会のソムリエ資格を持つライター様がイタリアワインの魅力を余すことなく伝えてくれています。現地に住んでいるからこそわかるイタリアワインの世界について、ワインラバーには必見の見ごたえある特集です。

イタリアワインの基本情報

イタリアワインの特徴

イタリアワインの特徴を一言で表すと個性豊かでバリエーションが豊富なことです。20州あるすべての州でワインが生産させており、各地で多様なブドウ品種からワインが造られています。古代ギリシャ人がイタリア半島を「エノトリア・テルス(ワインの大地)」とたたえて称したように、イタリア半島は温暖な気候でワイン造りに適した恵まれた環境にあります。

また、フランスが伝統を重んじる文化である一方、イタリアは個性や自由を尊重する文化にあり、ワイン造りにもその文化は大いに現れています。スーパータスカンなどはその代表例で、ワイン法に縛られず独自の信念を貫いて造られたそのワインは今では高級ワインの仲間入りを果たしています。

データから見るイタリアワイン

イタリアのワイン生産量はフランスとほぼ同じくらいで、毎年1位2位を争っています。また毎年3位はスペインで、この3国だけで世界のワイン生産量の約半分が造られています。

ワインの消費量は3位(1位アメリカ、2位フランス)、一人当たりのワイン消費量は世界9位となっております。

初心者におすすめイタリアワイン5選

バローロ

「王のワインにして、ワインの王」と評され、世界中のワインラバーが認めるイタリアを代表する高級ワインです。イタリアワインを始めるなら絶対に知らなくてはならないワインです。北部ピエモンテ州で造られる長期熟成に耐える重厚かつ深遠な味わいのワインです。

ブルネッロディモンタルチーノ

バローロと並び高貴なワインとして称されるブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。食の都フィレンツェのある中部トスカーナ州のモンタルチーノ村で造られており「イタリアワインの女王」とも呼ばれています。

タウラージ

南部カンパーニャ州で造られるタウラージは古代ギリシャから長い歴史のあるブドウ品種アリアニコ100%で造られます。「南イタリアで最も力強いワイン」ともいわれ、”南のバローロ”と称されるほどの人気があります。

ソアーヴェ

「水の都」ヴェネチアがあるヴェネト州で造られる白ワインです。古代ローマの時代から良質な白ワインとして認められていました。ミネラル感がありフレッシュな柑橘系果実の華やかな香りが特徴的な白ワインです。

フランチャコルタ

イタリアの奇跡と賞され、シャンパーニュと並ぶ上質なスパークリングワイン、フランチャコルタ。世界のセレブリティをも虜にするこのワインはミラノのあるロンバルディア州で造られるスパークリングワインです。伝統的で手間のかかる瓶内ニ次発酵方式でシャンパーニュの基準より厳格な18か月以上の瓶内熟成が義務付けられていることでも有名です(シャンパーニュは15か月以上)。

イタリアにしかない特殊なワイン!

私たちにはあまり馴染みのない名前かもしれませんが、イタリアならではのワインをいくつか紹介していきます。製法やワインの色味などおしゃれなかつ、飲んでみたくなるようなワインばかりです。

陰干しブドウで造ったワイン

陰干しすることで水分を飛ばし、ぎゅっと旨味が濃縮されたブドウができます。
このブドウを使うことで濃厚でとてもリッチなワインに仕上がります。甘辛度は甘口、中甘口、辛口と3つに分かれます。カレーみたいですね。笑
種類はこの5つ!ひとつずつ特徴を見てみましょう。

ヴィン・サント・・・デザートワイン(食後酒)

トスカーナ州を代表するワインで、地元料理『カントゥッチ』(アーモンド風味のクッキーのようなもの)を浸して食べるのが主流。

パッシート

甘口ワイン。デザートワインとは違い、スウィーツのような甘さではありません。日本酒の甘口のようなイメージです。

レチョート

ヴェネト州(ヴェネチアがある州)で造られる甘口ワイン。糖度を30度以上に高めにも関わらず、生魚や和食にも合う不思議なワインです。

アマローネ

『苦い』という意味をもつ辛口ワイン。陰干しブドウの糖分をすべてアルコール発酵させて辛口に仕上げています。

スフォルツァート

ロンバルディア州(州都はミラノ)で造られる辛口ワイン。ミラノ風仔牛のカツレツとの相性は抜群です!

白ワインに生薬を加えて造るワイン

その名も『ヴェルモット』。トリノが発祥の地で白ワインにハーブやスパイスなどを混合して造られるフレーバードワインです。名前の由来になっている『ヴェルムート』はドイツ語で『ニガヨモギ』という意味。もちろん、ニガヨモギを混合したヴェルモットも造られます。

レモンの皮で造るリキュール

イタリアを代表する果実酒「リモンチェッロ」は、レモンの皮を蒸留酒に漬けて造られます。お土産としてもかわいい瓶に入って売られていたりします。アルコール度数は30度あるので、カクテルとして用いたり、キンキンに冷やして食後酒として飲んだりするのが一般的。レモンといえばシチリア産を思い浮かべる人が多いと思いますが、『リモンチェッロ』の発祥地、『カンパーニア州(州都はミラノ)』のレモンで造るのが最高品質と言われています。

ブドウの搾りかすから造る蒸留酒

ブドウの搾りかすのことを『ヴィナッチャ』といいます。この『ヴィナッチャ』を使って造られた蒸留酒を『グラッパ』といいます。若いグラッパは透明でフレッシュな香りが特徴です。対して長期熟成されたグラッパは、ブランデーのような味でまろやかな味わいです。グラッパの飲み方は食後にストレートやエスプレッソと混ぜて飲む飲み方があります。

※蒸留とは醸造酒を加熱した際、水とエタノールに分かれます。この蒸発したエタノール部分だけを集めて濃縮する方法。

白ワインから造るオレンジワイン

白ブドウから造っているのに白ワインにならない不思議なワインです。なぜならブドウの果皮を漬け込むことによって出てくる色合いだから!このワインは通称『オレンジワイン』と呼ばれています。通常の白ワインにはあまり感じられない独特の渋みとフルーティーさも感じられます。赤・白・ロゼにつぐ注目を集めているオレンジワイン。料理との楽しみ方は、辛みのある料理や豆料理、さっぱりとした魚料理やコクのある肉料理など、幅広く合わせることができます。

ホームパーティーの手土産など、赤ワインや白ワインで迷ってしまうときは中間的な存在である、オレンジワインを選んでみるのもいいかもしれません!
選ぶ方は少ないかもしれませんが、比較的どんな料理にも合う万能ワインであると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

各方面で活躍されているプロや経験者の方に、
ワインの魅力を紹介していただいております。

※編集はこのサイトのオーナー
「夫パンダ」が行っております。
↓↓夫パンダのSNSや連絡先↓↓

Instagram

\無料体験会開催中!/

ワインの歯の着色、気になりませんか?

他人の歯の色が気になったことありませんか?
あなたの歯も見られてます!!

スターホワイトニング 日本で1番安く(1回2,500円)ホワイトニングが受けれるおすすめのクリニックです。

\Webで簡単予約可能!/

目次
閉じる